スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






いつもお読みいただいてありがとうございます。
このブログはランキングに参加しています。
ご参考になりましたら、ポチっとお願い致しますm(_ _)m
沢山の悩んでる方に見ていただけたら幸いです。

整形・プチ整形 ブログランキングへ

中糸


一般的に全切開は瞼の中に全く糸は残らないのですか?

いんちきなやり方の所ではそのようなのもあるのかもしれませんが、正式なやり方は一切残りませんか?(そう願うばかりです)





「一般的」、「いんちき」といわれると回答が難しいのですが、私の考えを紹介します。
埋没法ではなく切開法を選択する理由としては、以下のことが考えられます。
①より固定力の強い方法
②幅広への対応
③厚ぼったさ、睫毛への皮膚の被さりへの対応
④埋没法のような糸を残さない方法
「切開法=皮膚切開(切除)+埋没」という手術をされる先生もいるようですが、これは①および④には合わないので、疑問に思います。
私の手術でも、かなり広い幅の二重を作る場合と睫毛への皮膚の被さりを改善するために癒着が完成するまでの吸収糸を使うことはあります。
詳しくは、診察でお尋ねになって下さい。







切開法の正しい方法が一つだけというわけではありません。医師によってさまざまの工夫をされていたり、実際の細かいところではかなり医師によって異なる操作をしていると思います。まぶたの中に糸を残す方法で行う医師もあると思いますし、糸の残らない方法でされる医師もあると思います。私自身は切開法で中に糸を残す必要はないと思っていますので、糸が残らない方法で行っていますが、医師によっては、非吸収性の糸を中に残して、切開法をされる方もありますし、この糸は吸収性のものを使っておられる医師もあると思います。特にどれが正しいというようなものではありません。
スポンサーサイト






いつもお読みいただいてありがとうございます。
このブログはランキングに参加しています。
ご参考になりましたら、ポチっとお願い致しますm(_ _)m
沢山の悩んでる方に見ていただけたら幸いです。

整形・プチ整形 ブログランキングへ

コメント

Secret

プロフィール

cuteeyes

Author:cuteeyes
はじめまして。
cuteeyesと申します。
二重切開法のあらゆるお悩み情報を書いていきます。
参考になれば幸いです。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

♫お知らせエリア♫

☆二重整形のブログをお持ちの方はお知らせ下さい! リンクシェアして情報を共有し、たくさんの方に見てもらいましょう。 右のサイドバーのメールフォームにてお気軽にご連絡下さいね(*^^*)

★人気の病院★

★口コミで話題!高技術と信頼で選ぶなら水の森美容外科

★業界最大手!圧倒的な手術数で選ぶなら湘南美容外科クリニック

★格安なのに高技術!安心の女性院長で選ぶなら銀座7丁目クリニック

検索フォーム

リンク

切開法限定キャンペーン中!チャンス!


豊富な経験と実績を持つ。カウンセリングを丁寧にし、初めての方でも安心して通える。 また修正技術も高い。都心から通う人も多く、口コミや体験レポで話題の今人気のクリニック。カウンセリングは無料なので、気軽に相談だけでもOK。

傷跡を綺麗に治すグッズ

メールフォーム

cuteeyesにメッセージを送る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。